ブラジルの錦鯉

ぼく今ブラジルに来てるんだ。で、こっちの商社の人が錦鯉を飼っている人のうちに案内してくれたよ。ぼくが錦鯉飼ってるの知ってて気を利かしてくれたんだね。Hさんて言う新潟出身の人で半世紀も前に移住して今では日系人社会の重鎮なんだって。

繁殖の目的で新潟から錦鯉の親鯉を譲ってもらう約束を取り付けて移民百年の記念行事で皇太子様が来た時に日本館に放流する予定だったんだけどコイヘルペスの問題なんかで輸入の許可が間に合わなかったって残念がってたよ。でも、今年中には輸入できる予定だって。鯉にも立派な2世が誕生するといいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シンガポールの鯉

ちょっと更新さぼってるんで、シンガポールの空港で見かけた鯉の映像載せとくね。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

西安の錦鯉

ぼく今中国に来てるんだ。で、このビデオは西安の観賞魚店で撮ったものだよ。中国でも昭和とか黄金とか同じ漢字を使ってるんだね。ここに写ってる鯉は小さいので10元(約150円)大きいので150元(約2300円)くらいだって。でも、どう考えてもお姉さんの指差してる鯉は昭和には見えないんだよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ヨーロッパからだよ

koi ごめん、ごめん。またずいぶん更新サボっちゃった。ぼく今ヨーロッパに出張に来てるんだ。写真は今日ジュッセルドルフで見かけた広告塔だよ。ドイツ語がわからないんだけど、近々こっちで品評会でもあるのかね?出張から帰ったら昭和の稚魚飼育のその後の記事を書くから待っててね。あっ、そうそう、裏ブログの「ぴょんたろうの出張日記」はほとんど毎日更新してるから良かったら見てね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

インドで錦鯉発見!

今日はバドーダラにある会社に行ってきたよ。ぼくをホテルまで迎えに来てくれたこの会社の部長さん、つい最近まで別の会社にいたんだ。その会社って今の会社の競合相手なんだけど、その会社で4年前に設備の話があったとき、この人が担当でぼくの会社の機械を買ってくれたんだよね。この人、いろいろ屁理屈こねる人なんだけど、インドで1週間ネゴして、とうとう契約にこぎつけたときには、思わず抱き合っちゃったよ。で、今の会社でも同じ設備の計画があるんで、この人が力になってくれるんじゃないかって期待してるんだ。

baroda1会社の敷地内に入ったら、すぐに立派な池が目に入ったよ。お友達の城山さんが「水溜りがあると鯉がいないか覗いてみたくなる。」って言ってたけど、鯉好きってみんなそうなんだよね。「ちょっと池を見せて。」って言ってのぞいてみたら、なんと鯉がいるじゃない!庭の管理をしているおじさんが、「BLUE TILAPIAとKOIがいる。」って教えてくれたよ。キョーリンの鯉の餌も持ってたよ。社長さんがいつも午後2時に餌をやりにくるんだって。写真を撮ろうとしたら、「工場内は撮影禁止」って言われちゃったんだ。

baroda2社長さんに会って仕事の話をしたあと、社長さんのデスクにあるパソコンでぼくのブログのサイトを見せてあげたよ。「これがチェンナイの空港の水槽で、これがぼくの昨日の夜ご飯」とか言ってね。「我が家の鯉」と「池の風景」も見せたよ。それで「明日社長さんのところの池、ぼくのブログで見たくない?」って聞いたんだ。もちろん写真撮影はOKになったよ。

munjal3それで社長さんといっしょに池を見に行ったんだ。社長さんが餌をまいたら、鯉がさっと集まってきたよ。お世辞にも立派な鯉とは言えないけど、餌を食べる姿を見るのが楽しいんだろうね。池をよ~く見たら、生まれたばかりの稚魚もたくさん泳いでいたよ。この池で自然産卵したんだろうね。でも、池の周りにサギみたいな鳥がたくさんいたんだよね。鯉の稚魚を狙ってるんだろうな~。

baroda3バドーダラのあるグジャラート州はあのマハトマ・ガンディーが生まれたところだよ。インドの中では珍しくイスラム教徒が多いんだって。そのせいもあってか、基本的にはお酒が禁止されてるんだよね。外国人やランセンスを持ってる人はお酒が飲めるらしいんだけど、ぼくには関係ないね。お酒なんかなくても生きていけるから。今週はなんだか別のサイトになっちゃったみたいだな~。常連さんはともかくとして、「鯉」で検索して見に来た人にはなんだか申し訳ないな~。

| | Comments (1) | TrackBack (4)

仕事と鯉とどっちが大事?

今朝はお客の重役さんがぼくのホテルに来て、一緒に朝食を食べながら仕事の話をしたよ。部品の設計が確定したら、機械の見積もりをお願いするって。設計が確定するのに2ヶ月くらいかかりそうだって言ってたけど、ぼくの経験からすると、インド人が言った期間にはだいたい5をかけて考えないといけないんだよね。つまり2ヶ月は約1年ってこと。それからインド人ってどうしてもお金が10かかるところをなんとか1でできないかって考えるんで、せっかく見積もりを出してもネゴをする気になれないことが多いんだよね。

kingyo今日はマドラス(チェンナイ)からボンベイ(ムンバイ)経由でバローダ(バドーダラ)まで移動したよ。皆さんがわかりやすいように昔の呼び名を使ってたんだけど、今インドではカッコ内の呼び名が使われてるんだよね。ビルマがミャンマーに、エベレストがチョモランマになったのと同じで、要するに植民地支配をした国が勝手につけた呼び名をやめて本来の名前に戻そうってことだよ。(写真はチェンナイの空港で見かけた水槽。金魚となまずが泳いでいたよ。)

日本を出発して6日目だけど、今のところ快適だよ。暑いんだけど、外で仕事をしてるわけじゃないからね。なんと言っても花粉が飛んでないってのがいいよね。一番花粉が飛ぶ時期に日本を脱出するのは作戦でもあるんだよ。

dinner夕食を食べてたら、例のパキスタンのCOOから電話が入ったよ。(写真は今日のぼくの夕食でレシミ・カバブ)海外から帰ったCEOと相談したら、ぜひぼくの会社に注文したいってことになったんで、インドの帰りにまた寄ってもらえないかって言うんだよ。4月9日に日本でたいせつな用事があるからだめだって断っちゃったんだ。若鯉品評会を見に行かないといけないからね。でも注文をくれるんなら、またすぐ戻ってくるって伝えたよ。

今日のホテルは田舎のぼろホテルだからインターネットがつながらなくてまいっちゃったよ。バスルームの受話器のケーブルを引っこ抜いてパソコンの後ろに差し込んだらやっとつながったよ。ネットオークションで入札したい鯉がいるって言うのに勘弁してよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

この鯉の置物どう?

今日はデリーからマドラスに移動したんだ。お客さんを2軒回れたんで、効率は良かったよ。一軒のお客さんはマドラスの空港に着いてからアポを取ったんだけど、副社長さんが会ってくれたよ。

マドラスって去年の暮れのスマトラ沖地震のとき津波でずいぶん被害を受けたところみたいだね。おとといパキスタンにいるときに会社から「今朝スマトラで大きな地震があったようですけど、大丈夫ですか?」なんて間の抜けたメールが入ってたよ。場所が全然違うのに何を考えてるのかね?

dairisekiそうそう。パキスタンのおみやげもの屋で鯉の置物を買ったんだ。TOTOさんのところでやってるKP品評会水槽編の協賛賞品にどうかと思ってね。TOTOさんに相談したら受けてくれるって。インドで買った特製紅茶とセットで進呈させてもらうよ。ぼくは鯉の見方はわからないから人気投票でトップの人にあげることになってるんだ。KP品評会はまだ受け付けてるからぼくの賞品を狙って出品してね。

KP品評会水槽編 出品受付中

追記

第一回KP品評会水槽編の受付はもう終わってるよ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

無駄話 その3 本当の無駄話

cowぼく今仕事でインドに来てるんだ。ブログなんかやってる場合じゃないんだけど、出張中に何も書かないと2週間更新できないことになっちゃうからちょっと旅行日記的なことを書いてみるね。鯉と関係ない話でごめんね。

meeting日曜日にデリーに着いたんだけど、おとといときのうはパキスタンのカラチに行ってたんだ。パキスタンの会社がぼくの会社の機械に興味を持ってて「インドあたりまで来ることがあったら、ぜひ寄ってくれ。」って言われてたからね。パキスタンってイスラムの国なんだよね。イラクで自衛隊が宿営地を借りるときの交渉を見てたら、ちょっとイスラムの国の人との商売は考えちゃうよね。ぼく、お客さんがばかげたことを言い出したら、書類を机にたたきつけて、そのまま帰っちゃおうって決めてたんだ。でも、お客さんのCOOに会って話をしたらすごくまともで、本気でぼくの会社の機械を買うつもりなんだってことがわかったよ。仕様やお金の話も結構スムーズに行って、どうやら注文がもらえそうだよ。

夜はCOOの豪邸に招待されたよ。数え切れないくらい部屋があって、庭には立派なプールもあるんだよ。召使が何人もいて、料理人が日本風の食事を作ってくれたよ。お酒は禁止の国なんだけど、ぼくの好きなウイスキーとかワインもそろってるんだよね。注文が決まって、COOが日本にきたらぼくの家にも招待しなきゃいけないだろうけど、ぼくの召使は気の利かない嫁さんしかいないし、庭には鯉のプールしかないから相当差がついちゃうな~。

securityインドとパキスタンって戦争してる国同士だと思ってたから、移動は大丈夫かな~って心配してたんだけど、なんともなかったよ。まあ飛行機に乗るときの手荷物検査はいつもよりちょっと厳しかったけどね。カラチのホテルは最高級のシェラトンだったよ。快適なんだけど、米系のホテルだからテロの対象になるんじゃないかって、ちょっと心配だったよ。実際爆弾騒ぎは何度かあったらしいんだよね。ホテルの門には鉄砲を持った警備の人が5~6人いて車のボンネットやトランクをあけて調べてるし、入り口には空港と同じような金属探知機があるんだよね。

今日は朝カラチからデリーに移動して、午後空港からそんなに遠くないお客さんのところにあいさつに行っただけだったから、少し時間的に余裕があったよ。でも明日はマドラスに移動、あさってはボンベイ経由でバローダに移動だから、ちょっと気が重いな~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)