« インド出張日記 その2 | トップページ | インド出張日記 その4 »

2005/04/07

インド出張日記 その3

rock2今日はチャンディガールからデリーに移動したよ。距離は約300キロ、所要時間は約5時間ってところかな。3日連続で同じタクシーを使ったんだ。エアコンもついてないボロ車なんだけど、ぼくは運転手のおじさんが気に入ってるからね。すごく安全運転であまりスピードを出さないし、むちゃな追い越しもしないんだよ。インドのタクシーってだいたい運転が乱暴で乗ってると生きた心地がしないんだよね。途中でロック・ガーデンってところに寄ってみたんだ。昨日夕食をご馳走してくれた社長さんがいいところだって言ってたからね。人工的な滝がいくつもあって涼味満点って感じなんだけど、ぼくにとってはちょっと時間の無駄だったかな。鯉もいなかったしね。

indianチャンディガールのあたりはターバンをかぶったシーク教の人が多いんだよね。インドも北のほうではバイクに乗るときかなり厳しくヘルメットの着用を義務付けてるんだけど、シーク教の人は免除されてるんだって。どう考えてもターバンの上からじゃあヘルメットはかぶれないからね。ぼくの知ってるシーク教の人が日本の会社に研修に行ったとき、ヘルメットなしで工場に入ったって言ってたよ。ヘルメットの着用が義務付けられた工場だったんだけど、そこの工場長に「この工場建設以来、ヘルメットなしで入るのはあなたが初めてです。」って言われたんだって。ヘルメットをかぶるときだけターバンをとればいいじゃないかだって?ばかだな~。シーク教の人に「ターバンをとれ。」って言うのは日本人に「パンツをぬげ。」って言うのと同じようなもんだよ。

ojisannあっちゃ~。アクシデント発生!おじさんのボロ車がパンクしちゃったよ~。でもおじさん、慣れた手つきであっという間にタイヤを交換しちゃったよ。横を車がびゅんびゅん通過して行くのに危なくて見てられな~い。デリーに入ってからもまた問題発生。田舎者のおじさん、デリーの道を知らないんだよ。5,6回人に道を聞いてやっとホテルまでたどりついたよ。まあ、今日は移動日だからそんなに時間は気にしなくてもよかったんだけどね。

family夜は20年来知ってるMさんの家族のうちを訪ねたよ。なんと今日はちょうど奥さんの誕生日だったんだって。Mさんはぼくの会社のエージェントをしてくれてたんだ。20年位前にMさんから某自動車会社向けの機械の引き合いがあって「インドに来てくれない?」って言われたんだよ。Mさんって一人で会社やってるような人だし、インドなんてわけがわからないからちょっと迷ったんだけど、行ってみることにしたんだよね。それでMさんといっしょにがんばってお客さんにPRしてとうとう注文がもらえたんだよ。インドからの初めての注文だったよ。birthdayその後インドからは合計8台の機械の注文をもらったんだけど、Mさんから連絡があったとき断ってたら、まだ1台も売れてなかったかもしれないんだよね。Mさん10年位前に死んじゃったんだ。前の日まで元気でぼくと電話で話もしてたのに・・・。「首が痛い。」って言って病院に行ってそれっきりになっちゃったんだって。まあインドでは健康な人でも入院したら生きては出られないって話もあるんだけど・・・。Mさんの姉弟ぼくがMさんに初めて会ったときは小学校の低学年だったんだよね。お姉さんは結婚して2歳の子供がいるし、弟はMBAを取って外資系の会社に勤めているんだって。ぼくも歳をとるわけだよね。

注:現在海外出張中のぴょんたろうさんの日記をそのまま使わせていただきました。

|

« インド出張日記 その2 | トップページ | インド出張日記 その4 »

コメント

シーク教徒の人に、「ターバンをはずせ」は、パンツを脱ぐことと同じ位のことだと知り、驚いています。やはり、宗教とは、その国の文化でもあるから、尊重しなければいけないんですね。

投稿: Carol | 2005/04/11 13:08

こんばんは。Carolさんコメントありがとう。この記事ぼくとしては傑作だと思ってるんだけど、読んでくれた人がいてうれしいよ。シーク教の人はターバンだけじゃなくて肌身離さず持ってなきゃいけないものがほかにもいくつかあるんだよ。知ってた?ターバンが日本人のパンツといっしょだなんて言うのはぼくが勝手に考えたことだよ。

今日はいい誕生日だった?

投稿: ぴょんたろう | 2005/04/11 22:22

ぴょんたろうさん、誕生日のことに触れてくださって、ありがとうございます。とてもうれしかったです。あの日は、ケーキは買ったものの、眠くて、食べずに爆睡してしまいました(笑)。
でも、シーク教徒の人が、ほかに持っていなければいけないものがあるなんて、知りませんでした。

投稿: Carol | 2005/04/15 02:28

シーク教の人は刀も肌身はなさず持ってなきゃいけないんだって。でも、いくら宗教だからって、飛行機に乗るときに刀を持つことを許すわけには行かないよね。それで、シーク教の人が飛行機に乗るときのために作られた模造の刀があるとかって聞いたことがあるよ。

投稿: ぴょんたろう | 2005/04/15 10:40

同じ反応でごめんなさい。ていうかこの記事去年の4月・・・まぁいいや。ターバン=パンツだとは知らなかった・・・ ターバンの中身って、髪の毛がグルングルン巻きつけられてるんですよね??髪の毛洗うのどうしはるんやろ?と素朴な疑問をずっと持ってたり(もしや洗わないのか!?)そっか、現地の人とこんな交流もありはるんですね ぴょんたろさん。ちょっとホッとした。

投稿: ハモママはん(やほーより) | 2006/03/17 15:49

ターバン=パンツなんてのはぼくが勝手に考えたことだよ。ま、シーク教の人は家の外では絶対にターバンはとれないってことは確かだからね。あっ、ハモママさん良く知ってるね。その通りだよ。シーク今日の人って基本的には髪を切らないしひげもそらないんだよね。だからターバンの下には長く伸びた髪がぐるぐる巻きにされてるんだよね。Mさんが死んじゃったのは本当に残念なんだけどご家族との交流は続けてるんだ。

投稿: ぴょんたろう | 2006/03/17 19:50

はじめまして。
突然のご連絡申し訳ありません。

私はテレビ番組の制作をしております、塩苅と申します。
この度はヘルメットの代わりにターバンをしている男性の写真を使用させていただきたいと思いご連絡しました。
詳細はメールでお伝えしたいと思っております。
ご検討の程よろしくお願いいたします。

投稿: FCC塩苅 | 2008/02/18 17:05

あ~、それはありがたい話なんだけど、写真はケータイで撮ったものなんでこれ以外にはないんだよね。

投稿: ぴょんたろう | 2008/02/18 23:48

そうそう、メールは左のリンクの一番下の「錦鯉ファン」に行ってもらうとその左上のほうにメールを送れる場所があるからね。でも、いちいち形式張らなくてもこのブログの写真はどれでも使ってもらっていいよ。全部ぼくのオリジナルだから著作権の問題もないと思うしね。

投稿: ぴょんたろう | 2008/02/19 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66491/3599099

この記事へのトラックバック一覧です: インド出張日記 その3:

« インド出張日記 その2 | トップページ | インド出張日記 その4 »